キャッシングって何?

キャッシングにも時効はあるの?

キャッシングにも時効があって、何年か経てば返済の免除があるの?...結論から言ってしまえば、キャッシングにも時効はあります。それでは、どのくらいの期間で時効が成立するのか?...

 

まず、時効にはいろいろな種類があります。例えば、一般の刑事事件の場合は、公訴時効という種類になります。そして、借金(キャッシング)の場合は消滅時効の部類に入ります。

 

時効が成立する期間というのは、借入れ先が金融機関などの場合は5年。個人での貸し借りの場合は10年になります。

 

とはいえ、単純に5年経てばそれで済むワケではありません。成立するのは貸主が借主に対して何もしなかった場合に限ります。

 

例えば、期間中にキャッシング会社が何らかの“アクション“を起こせば「時効の中断」となって、成立とはならないわけです。

 

キャッシング会社というのは利用者の返済がなければ成り立たないため、5年もの間何もしない筈がありませんからね。「返済して下さい」といったアクションは必ず起こすと思います。

 

もし仮に5年間何も無かったとしても、それをきちんとした形で証明できなければ成立しません。このように、キャッシングの時効が成立するのは非常に難しくなっています。

 

要は時効を考えるよりも、月々きちんと返済をした方が遥かに楽ということです。借りたものはきちんと返すというのが、貸主に対してお金を借りるときの鉄則でもありますからね。