キャッシングって何?

キャッシングに保証人は必要ですか?

一昔前はキャッシングを利用するときには、必ず保証人が必要でした。もし仮に、キャッシング利用者が返済が困難な状態になったとしても、保証人の所へ行くことができるからです。

 

しかし現在は、基本的に一般のキャッシング会社では保証人がいなくても借り入れすることができるようになっています。確かに保証人が必要となると、気軽にとは行きませんからね。

 

保証人が必要=気軽に利用できない=利用者が減る。これは、キャッシング会社にとって致命傷ともいえることですからね。

 

ただ、保証人をつける必要がないとなると、万が一にも返済が滞ってしまった場合などは、どう対応するのでしょうか?

 

それは、キャッシング会社は承知の上です。その為にも、細かく審査を設定して、融資可能かどうかを判断しています。

 

そして、他のローン等と比べて金利を高く設定し、これによって利益を上げて貸し倒れを防いでいるわけです。とはいえ、キャッシング会社は個人の信用を担保に貸付を行っています。

 

それがどういう意味をなすのか?・・・・。要は、キャッシングをするということは、すべて自分1人の責任ということです。常識的に考えても、お金を借りたら返済しなければいけませんからね。

 

キャッシングというのは、もし返済ができない状態になったとしても、自分自身で何とかしなければいけないということをしっかりと頭に入れた上で、計画的に利用するようにしましょう。