キャッシングって何?

キャッシングに必要なものって何ですか?

何も持たずに、手ぶらでお金を貸してくださいと言っても、快く「はい、どうぞ」と言ってくれるキャッシング会社は当然ながらありませんよね。では、キャッシング申込に必要なものは何か?...

 

一般的に申込みの際には、幾つかの書類を用意しなければいけません。まずは、本人確認書類です。基本的には、氏名・現住所・生年月日の記載があり、公的な証明書が必要となります。

 

主に、運転免許証がそれに当たりますが、交付していない場合は、健康保険証やパスポート、住基カード等でも問題ないでしょう。

 

また、外国籍の場合は、外国人登録証明証、在留カードでも大丈夫ですが、いずれにしても有効期限内であることが条件となっています。

 

なお、公的な証明書に記載されている住所と違う場所に住んでいる場合は、現在の住所を証明する書類も必要となります。

 

キャシング会社によっては、公的な証明書の他にも印鑑等が必要のところもありますが、基本的には、本人確認書類と住所が確認できる書類があれば大丈夫でしょう。

 

ただ、キャッシング希望額が高額の場合は、更に源泉徴収や確定申告書といった収入を証明する書類が必要となり、これについても、最新の物が大前提となります。

 

以上がキャッシングの申し込みに必要な書類等になりますが、必要となる書類というのはキャッシング会社によって多少違ってくるので、事前に確認を取っておくと良いでしょう。