家庭用脱毛切手実際に効果があるのか、どんな人に対しておすすめできるのか

家庭用脱毛器の魅力は、手軽でいつでも自己処理ができることです。

しかし、脱毛サロンの脱毛器に比べて光の出力は低いため、本当に効果があるのか疑問に思っている人も多いでしょう。

家庭用脱毛器は本当に効果があるのか、どんな人やどういうムダ毛の処理に対して使うのがお勧めなのかを紹介します。

家庭用脱毛器は本当に効果があるの?

家庭用脱毛器は、最初にも書いたように脱毛サロンの脱毛器よりも光の出力が控えめです。

その為、脱毛サロンの脱毛器に比べると効果は控えめになります。

しかし、使い続けることで確実に除毛や抑毛効果は得られるので、一定の脱毛効果は得られます。

脱毛サロンで脱毛をする際、目安となる回数は大体12~18回程度です。6回を超えたあたりから自己処理が楽になっていきます。

対して家庭用脱毛器は出力が抑えめなのでそれよりは回数を多く当てる必要があります。その為、目安としては10~20回程度です。

高価の現れ方に関しては個人差があるので、中には通常よりも早めに実感できる人もいます。

ただし、いずれにせよ回数を重ねないと効果を実感することができません。この辺に関しては脱毛サロンの脱毛器と同じになります。

永久脱毛にはならないので注意が必要

脱毛サロンの脱毛器であっても、ある程度時間が経つとムダ毛が生えてきてしまうので、その都度処理をする必要があります。

家庭用脱毛器に関しては同じで、基本的には永久脱毛にはなりません。ただし、いつでもどこでも使うことができるので、定期的に使うことで効果を維持し続けることはできます。

コスパを考えた時には、家庭用脱毛器の方が小回りがきくでしょう。

家庭用脱毛器はどういう人に対しておすすめできるのか

家庭用脱毛器は、自分で処理を進めていく脱毛方法なので、基本的にはどんな人でもお勧めです。

ただ、セルフで脱毛をしていかないといけないため、全身脱毛には向いていません。パーツが多いとそれだけ1回で処理を行うのに時間がかかってしまうので、効率的ではありません。

わきのムダ毛が切りなるから処理をする、とか、Vラインの形を整えたい、といった部分脱毛をしたい人には向いているといえます。

わき脱毛やVIO脱毛だけを脱毛サロンで処理しようと思うと、それだけで数十万円程度の費用がかかってしまいます。

しかし、家庭用脱毛器であれば、安価のものなら数万円で買えるので、お財布的にもかなり優しいでしょう。